アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年6月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
  • 品質が問題

    文の翻訳業者は多数ありますが、医学論文については依頼できる先が実はそれほど多くは

  • 英語論文の必要性

    学業界というのは国内で完結させる傾向が昔から強くあります。これは新しい臨床での結

パソコンと女子

医学論文はその多くが英語やドイツ語で書かれているために、日本人が論文を読む際に翻訳されているものが必要になります。
英語やドイツ語は医師であっても十分に読める人が少ないのでしっかりと日本語になっていれば時間を短縮して学ぶことができます。
特に先進医療については専門用語や特別な単語も多くあり、日本語に翻訳する時には誤解が無いようにする必要もあります。
こうしたサービスを提供する業者は多いですが、数多くの仕事をこなしている業者でも医学方面の言語には対応していないこともあり、専門家を確実に用意しているかどうかが重要なポイントになります。
ビジネス英語とも異なる高度な知識が求められ、医学にある程度精通している人物の訳も必要です。

■翻訳料金の相場
医学論文を日本語に翻訳するサービスの料金は、1000文字で2000円から4000円という場合が多いです。
単語数が非常に多く、十分理解できるような形にするにはさらにお金が必要になり、論文ごとの料金や文字数ごとの料金が設定されていることも多いです。
論文によっては、試薬の名称と実験方法、患者の状態や詳細なデータが記されていることもあるために、専門知識や数値のチェックも大切になります。
時には、単位換算が必要で日本で使用されている記号と海外で使用されている記号を換算して書かなければいけなくなります。
冊子タイプの長文のものであれば、それだけで1万円から3万円必要になるものもあります。
それぞれの言語に対応している必要があるので高い料金も必要となります。

■歴史と変革
これまで医学面でも論文の日本語訳は大学において専門家や研究生が時間をかけて行っていましたが、ビジネス面で医学分野の企業が多くなってきていることもあり、大量に論文を閲覧する事も増えています。
特に、最新の製薬や医療機械の開発、医療技術の開発に対応するためには、早く大量の論文に触れる必要があり、英語だけではなく、ドイツ語やインド語にも対応して行く必要があります。
医療において先進国である国々に遅れを取らないようにする必要があり、専門業者も生まれるようになっています。
医学部を卒業した人物や実験などに関係していた人物が対応してくれることも多いため、高い信頼と迅速な訳を用意してもらえることも多くなってきています。

オススメリンク

品質が問題

英文の翻訳業者は多数ありますが、医学論文については依頼できる先が実はそれほど多くはありません。医学に…Read more

英語論文の必要性

医学業界というのは国内で完結させる傾向が昔から強くあります。これは新しい臨床での結果が出てきたとして…Read more

関連リンク